漫画ビレッジは、もともと「漫画村」という違法サービスに対抗するために作成されました。

漫画村問題は、多くのメディアでも話題になり、ご存じの方も多いかもしれません。漫画村はいわば違法の海賊版サービスであり、「国内のマンガが無料で読み放題」というサービスを提供していました。

有料のものが無料で読めるようになったら、読者はうれしいのは当然です。しかし、その裏には、売り上げが落ちて困る漫画家や、出版社もいるわけです。

一方で、出版社が、売り上げをあげたり、作品の知名度をあげるために、無料で提供しているマンガも多くありました。それらのものは、もちろん合法であり、読まれること自体が漫画家、出版社の価値になります。そして、読者も、無料でマンガを読みたいというニーズを満たすことができます。

このような無料のマンガを集めることで、多くの人にとってプラスになることができるのではないか、、という想いで、「漫画ビレッジ」を立ち上げました。このサービスは非常に多くの反響をいただき、未だに多くの人が使ってくれるサービスとなりました。

はじめは個人サービスとして展開していた漫画ビレッジですが、今後は「アル」というサービスになります。無料のマンガを探せる機能はそのままに、多くのマンガ情報を載せることで、マンガを発見でき、マンガをより楽しめるようなサービスを目指しています。

漫画村問題はまだまだ終わったとはいえませんが、漫画村自体は消滅しております。漫画ビレッジという名前は、いわば「漫画村の亜種」「合法漫画村」的な意味でつけた名前でしたが、この名前の役割は終えたかなとも考えております。

みなさま、今後ともよろしくお願いいたします。

漫画ビレッジ運営より