ICHIGO 二都物語

「ICHIGO 二都物語」のストーリー
昭和27年、土木建設会社を営む梅川組二代目・梅川源二郎は「男と生まれたからには、都を造らなあかん。男と生まれたもののそれが宿命や…」が口ぐせの夢多き男だった。そんな源二郎の長男・一期(いちご)は生後間もなく急性肺炎になり、片肺を取るという大手術をすることになるのだが…!?
「ICHIGO 二都物語」を効率的に読むには

一般カテゴリ

特別カテゴリ

アプリカテゴリ