ARHAN-アラハン-

「ARHAN-アラハン-」のストーリー
戦乱の世、山深い奥地に人を殺すことを商売とする人々が住む「蓮華の里」といわれる村があった。ある年、この村を支配する槐家に双子が生まれたが代々その秘術は一子相伝、ゆえにその父は弟・後馗の抹殺を決める。
「ARHAN-アラハン-」を効率的に読むには

一般カテゴリ

特別カテゴリ

アプリカテゴリ